【NEWS】marukanでは現場のショールーム化を実現しています!

2019年6月18日

 

 

リアルタイムで現場の様子を発信

丸山アーバングループの施工会社である株式会社marukanでは日々現場の様子をFacebookで配信しております。

施主様(オーナー様)にも好評なこちら、ぜひ覗いてみてください!

 

湘南マイスター・ネットワークFacebook

https://www.facebook.com/shonanmeisternetwork/

 

どうして手間をかけて発信しているの?

朝清掃や朝礼・工事の様子、工事進捗報告等を現場ごとに発信しています。

施工状況・工事進捗を、月次でHPや書面でまとめて施主様(オーナー様)に報告する施工会社が多いと思いますが、それでは日々様々なことが起こる現場の様子・進捗は伝えきれません。

 

ほぼリアルタイムで、写真だけでなく音声や動きのある動画をUPすることで現場の臨場感を感じて頂き、

施主様(オーナー様)だけでなく、地域の方々にも現場を身近に感じて頂けるようとの想いでマイスターが時間を割いて発信しています。

 

普段なかなか表舞台には出ない造り手であるマイスター達の想いや人柄が伝わってきます。

FB_2.jpg

 

「職人のつぶやき」&「お花がつなぐ物語」

現在、各現場で始まっている「職人のつぶやき」と「お花がつなぐ物語」

近隣の方々と現場を繋ぐ為にイーゼル看板(黒板)とプランターを設置しています。

 

イーゼル看板ではマイスター達のつぶやき(こだわり・職人技アピールなど)により熱い想いに共感して頂き、

プランターにお花の種を撒き近隣の方々とお花を咲かせ、花の成長と共に建物が徐々に出来上がっていく過程を楽しみにして頂く試みです。

FB_1.jpg


いわば現場のオープン化

「いったい何ができるの?」

「いつまで工事は続くの?」

オープン・ショールーム化することで現場を身近に感じて頂き、施主様(オーナー様)や近隣の方々の不安を軽減・払拭し、気軽に見に来れる・話ができる・繋がる。

日常的な緩やかなつながりがコミュニティを生み、建物が出来上がる前から近隣の方々と良好な関係性を保てます。

 

マイスターにとっても良い影響が

沢山の方の目に触れ、見られているという意識が、職人の技術・技能を向上させ、また一層の整理整頓に努めることで安全向上につながっています。

top_A_21.jpg

 

施工会社=建物を造るだけじゃない!

marukanはただ建物を造るのではなく、「誰のために、何のために。」を日々考え・感じながら、実直に「まちづくり」に励んでいます。

marukanではこれからも湘南マイスター・ネットワークと共に『地産地造』を掲げ、人と建物を通じて地域のコミュニティを形成していきます。

 

株式会社marukan

https://marukan-life.jp/


最新記事


© 2019 丸山アーバン All rights reserved.