本文までスキップする

実績
Works

community village lifeship東海大学前(コミュニティヴィレッジ ライフシップ東海大学前)

Publish :
所在地
神奈川県平塚市北金目
タイプ
新築
構造・規模
木造・2階建て
戸数
全5棟43戸+コミュニティラウンジ
間取り
A棟:8戸/1R(26.49~32.01㎡)
 ※1F:専用庭付 2F:スキップフロア
B棟:8戸/1R(22.35~27.53㎡)
 ※1F:ロフト付
C棟:7戸+コミュニティラウンジ/1R、1DK(29.81~30.43㎡)
 ※2F:スキップフロア
D棟:8戸/1R、1LDK(24.77~34.15㎡)
 ※2F:ルーフバルコニー、ロフト付
E棟:12戸/1R、1LDK(24.01~36.64㎡)
 ※2F:1LDKロフト付
敷地面積
A棟:294.93㎡
B棟:300.25㎡
C棟:309.50㎡
D棟:374.60㎡
E棟:528.37㎡
延床面積
A棟:239.82㎡
B棟:223.57㎡
C棟:262.08㎡
D棟:257.95㎡
E棟:421.02㎡
備考
community village lifeship東海大学前は全5棟で構成されるコミニティを生み出す賃貸アパートです。

出会いのある暮らし

本がある共有スペースや出会いのあるストリート。

はじめての一人暮らしでも毎日出会う仲間ができる。

いつもの場所に自然と集い、仲間が増える

時にはイベントで地域の人たちともつながっていく。

この場所で過ごす人は「面白いこと・素敵なこと」の時間を共有する。

そんな日常がこの場所で生まれたら、それは新しい暮らしがはじまる物語。

 

2本のコモンストリートとコミュニティラウンジによる出会いのある暮らし

人と人とのつながりにより地域が活性化し、学生たちも様々な出会いの中で成長することをめざしたプロジェクトです。

大きな壁面を生み出さないように建物は5棟の分棟・分節による空間を創出し、圧迫感の低減とともに変化のある建築デザインとしています。色彩計画は白を基調として統一感を持たせ、各棟にテーマカラーを設けることで、アクセントをつけています。

各住棟をつなぎ、地域住民も通り抜け可能なコモンストリートを設けます。コモンストリートを介して住棟が向き合う分棟配置とし、地域・入居者等のコミュニティを促します。コモンストリートはイベントなどのコミュニティスペースとしても活用でき、地域の活性化に寄与します。

C棟には学習・パーティなど多目的に利用可能なコミュニティラウンジを設け、入居者間のコミュニティ形成を促します。

複数の間取り構成により、学生から社会人、ファミリー世帯までの居住環境を整備することで、多世代・多様なつながりを創出し、コミュニティ形成のきっかけをつくります。